OSブログ

2018.10.04

402【昨日は授業でした】

中学生も高校入試が視野に入ってきました。

論理の力は、ものを考える上で

基礎を成す力となります。

国語だけでなく、全科目の学力の基礎となります。

その意味で、生徒の皆さんの未来に

期待をしています。

 

高校生は小説を扱いました。

小説の誤読の典型は、

印象に残ったシーンを自分で勝手につなぎあわせて、

登場人物の心情を想像し、納得に陥るパターン。

例えば、涙する女性とその後ろに立つ男性。

哀しみと想像するかもしれませんが、

それは決意の涙かもしれない。

男性の温かな気持ちに心が動かされて、

気持ちを打ち明ける前の照れ隠しかもしれない。

 

問題を作成する人は、小説を読んで

印象に残りやすいシーンやアイテムをつなぐと

こんな想像もできるかもね、と誤答を作ります。

しかし、それは本文に客観的根拠はない。

どこまでも客観的に、論理的に読めるように

これまでの読み方を最後まで矯正していきましょう。

また来週です。

お休みした生徒は、個別に調整します。

 

CONTACT


OSアカデミアへのご相談・お申込はこちらMORE
OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾