OSブログ

2018.04.14

378【地道にやっていますか】

中学生は通常通りの授業でしたが、高校生は年度の変わり目で少しイレギュラーの振替授業をさせていただきましたが、また今週からいつも通りの授業です。わたしは今年度も仕事をしながら、阪大の工学科の研究生として論文を書きますが、新しく研究室に配属になった大学4年生の指導をしながら一緒に研究することになりました。彼は愛媛県の愛光出身だそうです。どのくらい論理的に読み書きができるのか、いまから楽しみにしています。彼の卒論を見ながら、わたしは博士論文を書くことになる予定です。いまの高校3年生は、あと4年後にはそういう立場になるのだと思うと、他人事ではないと思います。大学では、既往研究として、すでに発表されている論文は「読める」という前提で研究が始まります。読めるとは、主観に依った自分勝手な読みではなく、客観的に正しく読むということです。また論理の力は読まなくてもわかるという点において、非常に重宝します。すべてを読んでいる暇はなく、斜め読みしながら、要点を正確に拾い出す作業が求められます。

OSアカデミアの生徒は、受験はもちろん、その先の研究の楽しさや、社会における自分の姿をイメージしながら、夢を膨らませて日々の学習に取り組んでほしいと思います。今週は水曜が授業です。

 

CONTACT


OSアカデミアへのご相談・お申込はこちらMORE
OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾