OSブログ

2018.03.26

373【自信を持とう】

自信を持とうといって持てるものかどうか半信半疑ですが、社会を見てみると、どの組織においても自信のある人とない人がいます。国家公務員1種の試験に受かって国家公務員になった人にも、自信のある人、無い人があり、無名の組織の平社員にも自信のある人、ない人がいる。同じ大学内を見渡してみても、自信を持つ人と自信のない人がいる。それは、いまの自分の高校のなかを見てもわかるでしょう。

 

自信とは自分を信じる力だとすれば、それを他人との相対比較のなかでしか獲... 続きを読む >

2018.03.21

372【英語】

昨日は、大阪大学でわたしが所属している専攻の博士前期・後期課程を対象とした英語コース主催の国際学術研究フォーラムがありました。司会進行からプレゼンターまで、すべて英語。国内外の最先端の著名な研究者の講演と博士後期課程の学生の英語発表を聴いてきました。キミたちがこれから専攻したいと思っている学問は、何も日本人だけがやっているのでなく、世界中の研究者が同じ領域で知を深めようとしていて、その共通言語は多くの場合、英語です。英語ができると、得られる情報も増えます。英語のテストの... 続きを読む >

2018.03.14

371【今日は授業です】

春休み目前だと思います。

自分のペースで学習ができる期間ですので、

OSのテキストもそれぞれしっかりと進めたいと思います。

中学生グループの生徒は、

ステップを着実に踏むための振り返りのテストを行い、

定着を確かなものにします。

 

高校生グループ、とくに新高3生は、

残り40時間ほどで受験だということを意識して

一回一回を丁寧にやっていきましょ... 続きを読む >

2018.03.13

370【暗記完了で、ようやく五合目】

暗記することが多い科目について。暗記が終わった段階で、登山で言うと半分まで到達したことになります。残り半分は、それを「活用」する練習。活用のモデルが分かること(例題がわかること)。次に、わかったことが「自分でできること」。この2つに習熟する必要があります。おそらく、実際には暗記しながら、例題をこなすことはできると思いますので、わかったことが自分でできるかどうかのたしかめのための演習時間の確保が十二分に必要だということです。

活用していて、何が起こるのか。そ... 続きを読む >

2018.03.08

369【量の洗礼】

昨日も、高校生が好成績の模試結果を見せてくれました。論理的に考えるということがどういうことか、会得しはじめたのだと思われます。しかし、国公立大を受ける生徒にとって、勉強すべき科目数の多さは、今も昔も変わりません。必要にして十分な学習量を、現代文と古典については示すことができます。他の教科にも共通して言えることは、暗記すべきものは、夏まで(理社除く)。それ以降は、暗記したことを活用して、演習を繰り返す時間です。8月後半から4ヶ月間。そうすれば、すぐにセンター試験がやってき... 続きを読む >

CONTACT


OSアカデミアへのご相談・お申込はこちらMORE
OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾