OSブログ

2017.09.29

279【知識は道具】

OSアカデミアでは

論理的に考えるということを

国語の読解を通して身に付けます。

考えるには、考える材料が必要です。

その材料になるのが知識。

 

各教科の中核的な知識、概念を

しっかりと身に付けることが第一。

その知識は、問題解決のための

知的な道具になります。

 

解決に至る筋道は、


... 続きを読む >
2017.09.28

278【山月記でも】

高校生は試験範囲「山月記」の解説を

少しだけ行いました。

小説や物語文は、登場人物の心情をおさえる。

心情は、情景描写とイコールである

という原則が「山月記」の試験範囲にも

あてはまることを確認しました。

 

「残月」というものが

何を象徴しているのか、という問いに対するものです。

場面は、虎に戻りそうな李徴の独白の最終場面。

... 続きを読む >
2017.09.26

276【量が思考を支える】

子どもの野球で、コーチが言います。

考えろ、と。

二死満塁で打たれたヒット。

捕球すれば、どこにボールを投げるのか。

カンタンなことのように思えますが、

試合経験の少ない子どもにとっては、

ボールが自分に回ってきただけで、

焦るのも無理のない話。

焦れば、的確な思考を失います。

 

思考は、その方法を学んだなら、

... 続きを読む >

2017.09.25

275【森は見えたかな?】

入塾して数ヶ月の中学生らが

先日、OS1の問題集を終えました。

正確には、次の水曜に、徳倉先生が

まとめの解説をして終わりになります。

コツコツとよく頑張ったと思います。

 

OS1は、もっとも基礎的な

日本語の運用規則を、

論理の学習につながる視点で

編集されているテキストです。

主語述語、言葉のつながりなど、

... 続きを読む >
2017.09.22

274【部活動も一生懸命に】

OSアカデミアの生徒は、

部活動をしている人がほとんどです。

部活も一生懸命にやってください。

人は、相似形を生きていると思っています。

一つのことをやり抜けると、

また別のこともやり抜ける。

その図形がだんだんと大きくなっていく。

 

ただし、部活動をしていながらも、

基礎的な学習に穴をつくらないことが

大切です。

... 続きを読む >

CONTACT


OSアカデミアへのご相談・お申込はこちらMORE
OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾