OSブログ

2017.08.09

246【今日は授業です】

夏休み中も、通常通り、

16時半には教室が空いています。

今日は、小学生の見学希望者が見えますが、

自習をする生徒は、

自由に教室を使ってください。

 

8月最終週には学校が始まることを考えると、

もう夏休みは半分くらい終わりました。

予定通り学習が進んでいるか、

予定が狂ってしまったら、

再調整して、予定を見直し、

... 続きを読む >
2017.08.08

245【同じであることを理解しよう】

昨日書いた「同じであること」を理解したなら、

それは問題の解法にも生きてきます。

 

A´の部分に傍線を引かれ、

その解釈を問われる問題。

具体例や引用の解釈でよくある過ちは、

「自分の」体験したことや

親しみのわく範囲で読んでしまうこと。

そうして回答して、間違える。

 

重要なことは、Aと「重ねて」読むこと。... 続きを読む >

2017.08.07

244【同じであることを理解しよう】

長文読解で、

筆者の主張をAとすれば

具体例はA´。

これは、A=A´の関係で表せます。

 

このイコールの関係を理解することが

論理的に読む重要な視点です。

 

例えば、「日本人は、自然に抱かれる民族だ」ときて、

例えば、芭蕉が、とくれば、

それは芭蕉の句があったとしても、

自然と一体となる日本人... 続きを読む >

2017.08.04

243【拡散と収束】

抽象度が上がるとは言え、

子どもたちは、問題集において

具体的な練習問題を重ねます。

 

これは、「拡散」思考。

たくさん練習問題を解いて、

一つの決まりや法則を腑に落とす。

これは、収束思考。

 

演繹と帰納とも言えますし、

具体と抽象とも言えますが、

こういう思考の往還が

子どもの... 続きを読む >

2017.08.03

242【抽象度の高まり】

小学生から高校生までの学習を俯瞰して見ると

学年を上がるにつれて、抽象度が高まっています。

これが「難しく感じる」ことの原因ではないか。

 

抽象概念を理解するときに、

具体に戻してやるということがあります。

しかし、小学生の高学年くらいから

それは困難になります。

 

国語の文章もそうですが、

算数でも旅人算、... 続きを読む >

CONTACT


OSアカデミアへのご相談・お申込はこちらMORE
OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾