OSブログ

2016.11.20

上から目線で教える時代は、さようなら〜

知らないことを、知る喜び。
これは、決して否定できない教育の一つです。
知ること。これを、OSアカデミアとしてはどうしたいのか。
「知りたい!」「わかりたい!」という渇望感をを抱かせ、
「わかるようになりたい」と言わせることが大事だということです。

そのためには、子どもは自分のことを自分で正しく「判断」できる
力が必要になります。
自分のことが自分で判断できない子どもには、
続きを読む >

2016.11.19

アクティブラーニングをめぐって

アクティブラーニングというものが盛んになっています。
ネットで検索すると、「能動的な学習」のことで、
授業者が一方的に学生に知識伝達をする講義スタイルではなく、
課題研究やPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)、
ディスカッション、プレゼンテーションなど、学生の能動的な
学習を取り込んだ授業 を総称する用語である、とあります。

グループになって、あるテーマについてディスカッションする
... 続きを読む >

2016.11.18

子どものことを第一に考える

ある教育者から一時間ほど難しい話を聞いた後、
その教育者もわたしもともに存じ上げているAという先生が、
我が子の通う学校に赴任されたことを報告した。
A先生は、その教育者のもとで学んでいる方であったようで、
「Aは大丈夫や。子どもを第一に考えないかんことがわかっとるから」
と言われました。

これまで一時間に及ぶ難しい話はすべて
「子どもを第一に考える」という原点から組み立てられたもの... 続きを読む >

2016.11.17

詐欺にあわないために

昨日の中学・高校生の思考スキルシートは、
メディアリテラシーの視点から、
批判的に物事を見る力を学習しました。

内容の詳細は書きませんが、メディアは広告費で成っています。
そんなことは、広告の世界の人間じゃなくても、わかります。
テレビ番組のいいところで、なぜ特定の企業のCMが
割って入れるのか? お金を払っているからでしょう。
ネットでキーワード検索をすると、同業他社の広告が
... 続きを読む >

2016.11.16

思考停止を回避しよう!

常識とは、思考停止状態を生み出すものである。
これは、論理の第一人者、出口汪氏の言葉です。
なるほど、常識にとらわれると、どうにもならない事態
というものが起きはじめ、信じてやまないその常識では
解決できないとなると、思考をやめて、問題を放棄する。
いまの大人でも、同様のことが起きています。

人口は増え続けるものだ。
税収は増え続けるものだ。
業績は上がり続けるものだ。
... 続きを読む >

CONTACT


OSアカデミアへのご相談・お申込はこちらMORE
OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾