OSブログ

2016.11.11

負けても立ち上がる力

OSアカデミアでは香川県の教員有志が作成した
「思考スキルシート」を使っています。
そのシートをなぜ作ろうとしたのか。
次のような話を、作成者から聞いたことがあります。

学校の授業で、先生が子どもに
「今日は、このような学習をしましょう」と言うと
「え〜」「難しそう」「できない!」という
感情語が先に立ってしまうことがある。
その感情語より優先して
「難しそう... 続きを読む >

2016.11.10

子どもの将来を見据えて

昨日は、通常の授業。
小学生低学年と中・高学年。
その後、中学生と高校生。

高校生は、県下でも優秀な公立高校の生徒ですが、
学校からは、国語の学習の「方法」について、
具体的で一貫した助言を得られないことが多いようです。
一方で、私学では、OSアカデミアと同じ方針の教材を
採用しているところもあります。

非常に難しい時代だと思います。
週刊誌の情報で恐縮です... 続きを読む >

2016.11.09

「外資系トップの思考力」

ダイヤモンド社から、
このようなタイトルの本が出ています。
その冒頭、外資系のトップに
「思考力とは何か」と問うと、
以下のような回答が得られたそうです。

・課題を設定し、ユニークな解を創り出し、
実行する解を選び出す力
・自分がどうしたいか、と未来を考えること
・常に本質を考えること

これらは、OSアカデミアの目指す方向と
一分の狂いもないもの... 続きを読む >

2016.11.08

人が思考をはじめるきっかけとは?

何もないところで、人は思考を始めません。
現代についての良質な文章を読んで理解したなら、
それを引き金に、思考が始まるのです。

良質な材料は、良質な料理を生む。
もっと正確に言うと、
良質な材料を使い、正しい方法を踏んだなら、
良質の料理が出来上がる。

良質な材料とは、子どもに読ませる文章であり、
正しい方法とは、論理の力。
良質な料理とは、テストの点数を超... 続きを読む >

2016.11.07

「勉強しろ!」よりも、方法が先

国語は、本を読めばできるようになるのか。
それは、決して見当違いのことではありませんが、
その読み方が独りよがりのものであれば、
活字に親しむ、文章の抵抗感を取り除く
という以上の成果は、難しいようです。

物事には、なんでも正しい「やり方」
というものがあります。
料理でも、それを踏み外すと、
求める着地点にはなかなか到達しない。

それは、目に見えるから、
... 続きを読む >

CONTACT


OSアカデミアへのご相談・お申込はこちらMORE
OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾