OSブログ

2016.10.27

中学生でも、ゼロベースから出発します

昨日は、小学生の授業と、中学生の説明会。
小学生の授業は、宿題の自己紹介を、
接続詞に注目して組み立てて、
みんなの前で発表してもらいました。

接続詞は、論理的な思考をつかさどる
一つの重要な要素になります。

徳倉先生より、人前でお話をするときの
姿勢や声の大きさ、目線などの指導もありました。

その後、各自、問題集に取り組みました。
論理のはじまりは、1文... 続きを読む >

2016.10.26

国語満点!

OSアカデミアに、中学生や高校生の保護者からの
問い合わせが少しずつ入っています。
わたしがそうであったように、
このプログラムをマスターし、習熟すれば、
国語のテストで満点を取ることは夢物語ではありません。

思考力とクリティカルシンキングを
言語運用能力をベースに身に付けるということは、
科目で言うと、国語になります。

先日も書きましたが、国語は感覚とかセンスの科目で... 続きを読む >

2016.10.25

あすの授業は・・・

「関連づけて考える力」という
前回の「思考スキルシート」をもとに
論理的な思考力の基礎となる「接続詞」
に注目をして学習をします。

因果関係(だから、なぜなら)
例示(例えば)
逆説(しかし、でも)

という接続詞を使うことによって、
人は話を論理的に展開できるようになります。
あすは、その練習を発表形式とドリル形式で行います。

... 続きを読む >
2016.10.24

言葉のない世界を想像してみよう

言葉がなかった時代。
それを、いまの私たちは想像しかできませんが、
よく知られている例としてはヘレンケラーの
「water」という言葉の獲得があります。

それによって、彼女は万物を
「water」と「not water」
に分けることができたのです。
真っ暗闇の混沌をこの2つに分けることが
できた衝撃を、想像してみてください。

言葉の獲得は、人を混沌から
... 続きを読む >

2016.10.23

わたしのその読み方は、何が悪いのか?

わたし自身が、長らく思っていたことです。
自分の読み方は、何がダメで、国語の点が取れないのか。
「この物語の感想を話し合いましょう」という授業では、
自由に感想を述べあい、それぞれに良い評価が与えられる。
しかし、自由に読んで、国語の点数は取れません。

そもそも、受験では、自由な感想に点数をつけることができません。
なぜなら、この国の憲法では思想の自由が保障されているからです。

「... 続きを読む >

CONTACT


OSアカデミアへのご相談・お申込はこちらMORE
OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾OSアカデミア|香川県高松市中央町 無学年、国語・現代文専門塾